MENU

ホワイトニング治療の影響を受けて禁煙に?

ホワイトニング治療を行っていると、色々と不思議なことに遭うことになります。

 

ホワイトニング治療が進行するとともに、または完了した後に、白く変わった自らの歯に愛着が湧いてくるというのは誰もが同じものだと思われます。

 

煙草に関しては「個人の自由」ですから、治療において、ある歯科医師は積極的に話のタネにすることがないようにしているそうです。

 

興味深いことに、これまで何度も禁煙にチャレンジして、しくじっては、再び煙草に手を伸ばしてしまって、どうにも禁煙することが叶わなかった人物が、ホワイトニング治療の進行中に容易に禁煙が実現してしまうそうです。

 

「ホワイトニング治療により白く変わった歯を、なるべく白さ維持したい、歯磨きは徹底的に行うが、その前に歯に無駄な沈着物を沈着させたくない」といった感情が激しくなり、食べ物に気を配ると同時に、煙草にも否定的になって、挙句に煙草を吸うことをストップしてしまうと思われます。

 

これについては、昔の歯科医師がホワイトニング治療を手がけた頃には考えもしなかった患者の振る舞いであります。

 

ある歯科医師が治療している最中に、煙草の問題を自発的に敬遠するから、煙草を吸う人は不必要に気に掛かるみたいで、時々正面きって質問されるようです。

 

「先生、煙草は絶った方が良いでしょうか?」

 

といった質問には、「その通りですね。煙草を中断したら歯の表面に付着してしまう着色物質が減少することは確実ではないでしょうかね。ですが、ホワイトニング治療を行った方が、みんな煙草を絶つと日本の税収が減って、国の財政がきつくなって私達の日々の生活を圧迫する要因にすらなることもありえますよね。とりあえず、煙草に関してはしっかりと考慮した上で、自分で判断してください」と返答して、以降は触れません。

 

「何としてでも煙草は辞めてください」と言うより、ずっと影響力が強力であるのだと思われます。

 

人というのは、奇妙なことに、止めろと言われたらしてみたくなる生物なのです。けれど「歯の表面に付着してしまう着色物質は絶対に減少いたします。自分のことなのですので、しっかりと考えて、自分で決めてください」と言うなら、みんなは悩んで、最終的には禁煙を選ぶ方が増えるそうです。

 

その歯科医は、意図しないで、ホワイトニング治療を受けられる患者を禁煙へと導いているみたいです。

 

女性の場合では、煙草を吸うことを控えると肌荒れしづらくなって、化粧の乗りがよくなるといったのを耳にしたことがあります。

 

仮に、その話が事実であれば、ホワイトニングを行い、煙草を絶って、それから、管理をコツコツと日頃から行った女性と、軽率に煙草を吸い続けた女性との1年後を比べると、ホワイトニングをきっかけに禁煙した女性は、肌すべすべ、純白な歯の綺麗なスマイルとなっていること請け合いです。

 

煙草を吸い続けた女性は、肌トラブルで化粧も上手く乗らず、歯はうす汚く、黄色いということとなって、著しく差が生まれてしまうことも考えられます。

このページの先頭へ