MENU

歯のクリーニング(PMTC)

PMTC(プロフェショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)は簡単ではない略ではありますけれど、歯科医とか歯科衛生士などといった、歯科分野のスペシャリストが行う徹底的な「歯のクリーニング」と考えてください。

 

普通、歯を磨き上げる際に、自分だけでは口内全体を念入りに洗浄することはできず、歯のいろんなところに汚れとか歯石が残留してしまいます。

 

その「歯のクリーニング」によって、歯垢・歯石・歯に沈着した着色物質の大半を取り除くことが可能です。

 

今日では、多くの歯科医院でこういう「歯のクリーニング」をしてもらうことが可能となってきたとのことです。

 

原則的に、超音波を用いた歯石除去にとどまらず、ポリッシングブラシとかラバーカップにフッ素含有の研磨剤を付けて、歯のいたるところを綺麗に掃除していくのです。

 

加えて、「エアーフロー」といった歯面清掃器を使って、微細な汚れを取り除いていきます。その「エアーフロー」は炭酸水素ナトリウムの超微粒子のパウダーを水と圧縮空気を活用して、霧状に変えて歯の要所に吹きつけて汚れを吹き飛ばすのです。

 

炭酸水素ナトリウムの微粒子は、少々味が悪いですけど、その時のみで、後はうがいをしたら何一つ差し支えありません。

 

原則、終わりに仕上げ専用の研磨剤を使って、歯面をスベスベにします。口内がすごく綺麗になって、一回でも体験すると癖になるくらい気分が良くなります。

 

白い歯を清潔な状態に維持することを目的に、その「歯のクリーニング」は非常に厚い支持を得ています。

 

理想的には、毎月1回は歯科医院で「歯のクリーニング」を行ってもらいたいですね。

 

ですが、この「歯のクリーニング」というものは健康保険がききません。けれど、いずれの歯科医院であろうとも料金はそれなりに安く定められている傾向にあるため、是非とも試してみてください。

 

歯の表面に汚れが付着されている場合なら、その「歯のクリーニング」を行ったのみで同じ人の歯ではないかと勘ぐりたくなるほど、白くなるのです。治療に要する時間は30〜45分であります。

 

ホワイトニング治療を始めたからといって、何やかや食事に気を使ったり、煙草の量を抑えたりと、毎日の生活にルールばっかり足されると、そんなことだけでイライラして、精神的に害となることだってあるだろうと感じます。そのような人については、毎月1回の専門家を介しての「歯のクリーニング」をオススメいたします。

このページの先頭へ