MENU

効果が高くて効率的なタッチアップ法

自分が知っている歯科医院においても、長期に及ぶホワイトニングの管理を目指したタッチアップのオフィス・ホワイトニング費用は安く設けてあるのです。

 

だけど、自分は通常オフィス・ホワイトニングを用いたタッチアップはオススメしておりません。

 

ホワイトニング管理している最中に色落ちが生じるのは絶対に楽しいことじゃありませんから、なるべく色落ちしないレベルのタッチアップ法を推奨しております。

 

タッチアップをホーム・ホワイトニングで何回も行う手法は、ある歯科医院でホワイトニング治療を受けた人に推奨しているタッチアップ法で、今自分の知人まで実施している手法です。

 

そのタッチアップはホーム・ホワイトニングで行うというわけですので、初のホワイトニング治療をデュアル・ホワイトニングもしくはホーム・ホワイトニングによって受けた人だけしかすることができない手法です。ある歯科医院では、ホワイトニング治療を求めている大半の患者は歯の色が本当に綺麗じゃないので、9割を超える方がデュアル・ホワイトニングによる治療を受けているというのが現状です。

 

一般的に、ホワイトニング治療が完了した後、最初色落ちしてしまったと思うのは、多くの場合1ヵ月経過くらいの頃になります。当然、この時期においては外から見れば未だちゃんと白色を維持している状態なのですが、ご当人は少し色落ちしてしまったと過敏に感じるそうです。

 

この時期だったら、1回のホーム・ホワイトニングで治療完了時の純白に難なく戻ります。

 

その上、ホーム・ホワイトニングに必要な料金は1回分の薬剤費だけで、1,000円ほどになります。

 

それから、色合いが逆戻りしてしまったと思うまでのスパンは少しずつ延びていきます。

 

少し色落ちしちゃったかなって思うために、1回のホーム・ホワイトニングを行えば、また治療完了時の白色が蘇ってくるようです。おまけに、料金は1000円程度なのです。

 

ある患者の歯は、初回治療から数年経っております。今、そのホーム・ホワイトニングから次回のホーム・ホワイトニングまでのスパンは50日〜60日で、その上1回のホーム・ホワイトニングで、治療完了となる時の状態にまで容易に戻ります。

 

その50〜60日という間隔は、自分からすれば、丁度髪の毛が長くなって「美容院または理髪店に足を運んで髪を切ってもらおう」とするタイミングと合致していて、皆にとってもあまり苦にならないサイクルなんじゃないでしょうか。

 

タッチアップでのオフィス・ホワイトニングの場合には、大抵の歯科医院が1回1万円から2万円くらいに設けてあると考えられます。ですが、実際はさらに安く設けてあると思います。より安価に設けている歯科医院も存在することも考えられます。

 

けれど、自分のオススメするホーム・ホワイトニングによるタッチアップ法はとても安くて、歯の白さを長続きさせるのみならず、その都度歯科医院に足を運ばなくても1人で実施できるから、すっごく効率的な手法であるだろうと思います。

 

別の歯科医院においても似通った指導が行われていることもあるでしょう。ひょっとしたらあなたの友人だって、とっくにタッチアップ法を自分自身で編み出して実施しているかも知れませんね。

 

長い生涯の間では、ホワイトニングでやっと綺麗になってきた歯に気を配っていることができない状況もあることが考えられます。思い掛けない病気のせいで長い間入院しなければいけないことだってあるかも知れません。そんな時期に、タッチアップが雑になっちゃうというのはしょうがないことだと思います。

 

だけど、そのホーム・ホワイトニングを用いたタッチアップを継続していたら、一時の間タッチアップが疎かになってしまった期間があっても、ホワイトニングの効果は未だにありますから、それから新たに「歯をもう1回白くしてみたい」とお望みになった際、次は簡単にホワイトニングを行うことが叶うでしょうね。

このページの先頭へ